皆さんは、カジノをよく利用されますか?スロットマシンはお好きでしょうか?答えが「はい」の人は、ぜひこの記事をお読みください。そもそもスロットマシンは、1世紀以上に渡って最もよく知られているゲームであり、ルールはとても簡単で、ずっとスピンしていても退屈になることはありません。もし退屈に感じたとしても、また違うマシンで遊べば大丈夫。スロットマシンの製造会社は、ユーザーが退屈せずにずっと満足して楽しめるよう、ベストを尽くして開発しています。例えば、スロットマシンの音楽、リールのデザイン、他にも種々様々な要素が開発過程で工夫されているのです。

ここ十数年、オンラインゲームへの移行によってゲーム業界は急成長し、現代ではギャンブルに興味を持つのは全く恥ずかしいことではなく、いたって普通のこととなりました。長い間、ここ日本はギャンブルに対してオープンな社会ではなかったので、ギャンブルの話を不快に思う日本人はまだたくさんいます。

そんな中、日本の文化をテーマにしたスロットマシンを開発すれば人々の興味をひき、ギャンブルはもっと日本人に受け入れられるようになるのではないか?というのが、多くの製造会社が抱いたアイデアのひとつでした。この考えから生まれ成功した、日本文化がモチーフのスロットマシン「Silk Kimono」のレビューをご紹介します!

「Silk Kimono」は、世界共通のモットー”ビッグウィン”を持ち、興奮の20ゲームをフィーチャーしたWMSゲーミングG+シリーズのポートです。G+シリーズは2007年に発表されて大ヒットとなりました。スロットマシンのシリーズはすべてスタイルが同じなので、ひとつにハマる人はすぐに他のスロットにもハマる、というのがヒットした主な理由です。楽しんでハマるか、まったく面白くないか。その中間はないのです。また、最新のCPU-NXTテクノロジーのおかげで、このスロットは最高に面白く、目にやさしいゲームとなっています。

 

同シリーズの中でもとりわけ際立つ「Silk Kimono」スロット。日本文化をテーマにしたゲームが、法律に準じて運営されたオンラインカジノにある、という珍しさが人々にウケて、大ヒットを収めたのでしょう。大きくて見やすい盆栽、芸者、日本人女性のシンボルのほかにも、興味深い日本らしいシンボルがたくさん用いられ、スロットの音楽も繊細にデザインされています。使用されている曲は、団塊世代が幼少期を懐かしく思えるような曲で、これが大当たりだったようです。この他にも、ドラゴン、silk kimonoのロゴ、家、鳥、リング、山といったシンボルが用いられています。

RTP 97%以上のスロットマシン「Silk Kimono」は、決してプレイヤーの期待を裏切りません。97%以上という数字はかなり高い還元率ですから、ゲームを楽しみながらも、ついでに少し稼ごうという考えの人には期待通りのスロットです。以上のレビュー、お楽しみいただけたでしょうか。今後、他のゲームのレビューもアップ予定ですので、ぜひご覧になってみてください。それではまた!